カードローンの審査では借りたお金をちゃんと返せるのかといった「返済能力」をチェックされます。

ですので、

  • 安定した収入がある
  • 他社での借り入れがない
  • 過去に支払いの延滞などしていない

といったポイントをクリアしている方は審査に通過しやすくなります。

逆に、

  • 収入が安定してない、または収入がない
  • 他社で借り入れがある
  • 過去に支払いの延滞がある

に1つでも当てはまる場合は審査に通りにくくなります。

また審査に落ちたときのための保険として複数社申し込みするのもあまり良くありません。

カードローンを取り扱う銀行や消費者金融は個人の信用情報を取り扱う「個人信用情報機関」に加盟していて、基本的な個人情報やローンの申し込み状況や契約内容、また残債、返済状況などを個人信用情報機関を通じてお互いに共有しています。

ですので一度に複数社の申し込みを行うと、個人信用情報機関を伝って「他社でも申し込みをしているのか」、「お金に困ってて相当切羽詰ってる」というマイナスな印象を与えてしまい審査に通りづらくなります。

申し込みをひと月に3社以上行うと申し込みブラックになるといわれてますので気をつけましょう。

審査についてもっと詳しく見ていきましょう

まず返済能力に関してですが、これは当然最低条件として安定した収入がある方ということになります。何かしらのお仕事をされている、年金収入があるなど。よってまず年収がチェックされます。

そしてお仕事をされてる場合、正社員、アルバイト、パートといった雇用形態、勤続年数などもチェックされます。もちろんどういった雇用形態でも問題ありません。ただ安定さという面では正社員の方が一番審査に通りやすいです。

また勤続年数はもちろん長い方が有利になります。最低でも半年、銀行カードローンの場合は1年は欲しいところです。

審査では、今の住居にどれくらいの期間住んでるか、その住居は持ち家なのか借家なのか、また持ち家の場合は住宅ローンが月々どれくらいの負担額、借家の場合の家賃、家族構成、健康保険の種類など非常に細かくチェックします。

審査のチェック項目は多岐にわたりますが、最低限の収入さえあればカードローンでの借り入れが初めての方はかなりの確率で審査に通ることが可能です。もし審査に引っ掛かる可能性があるとしたら公共料金や携帯電話料金の滞納などでしょうか。

最近意外と多いのが携帯電話料金の支払い状況が悪くて審査が通らないという事案です。「携帯料金とカードローンって繋がりがないのにどうして?」と思われるかもしれません。実は携帯電話各社も上記で挙げた個人信用情報機関に加盟しています。

機種変更のときに一括で払わず分割払いの場合、2年間で月々の基本料金に上乗せして分割で支払いします。これはクレジットカードなどと同様に月々分割払いの契約と同じことになります。

個人信用情報機関には契約内容や支払い返済状況が記録されますので当然機種代の支払いが滞納してたら審査に悪影響を及ぼすということになります。

逆パターンでカードローンで支払い状況が悪く機種変で分割支払いを希望していてもも断られる、または一括支払いならOKというケースが出てきます。このように意外なところで個人信用情報機関で情報を共有されてますので気をつけましょう。

他社で借り入れがある場合

もし今現在借り入れがあり他社での借り入れを検討している場合は、今の借入先の審査・保証会社とは違う借入先に申し込みをしてみましょう。消費者金融は審査や保証を自社で行ってますが、最近の銀行カードローンは消費者金融や信販会社に審査や保証を委託してます。

例えば消費者金融のアコムは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの審査保証を行っています。ですのでアコムで借入限度額が上限近くまで借り入れてる、また過去に支払いの延滞がある場合、三菱東京UFJ銀行バンクイックの審査に通りにくくなります。

過去にアコムで借りてて債務整理した過去などあれば「社内ブラック」となってる可能性があるので、まず審査に通りません。もちろん、それぞれの会社に審査基準があるので断言は出来ません。

ただ消費者金融の審査基準より銀行カードローンの方が審査が厳しくなるのは事実です。ですので、もし銀行カードローンで借り入れを検討中でしたら、どこが保証会社なのかをチェックしてみましょう。審査に通る可能性の低いところに申し込みをする時間や無駄も省けます。

  • アコム
  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック、セブン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行など

  • プロミス
  • 三井住友銀行カードローン、ジャパンネット銀行、住信sbiネット銀行

  • オリコ
  • みずほ銀行カードローン

  • セディナ
  • 楽天銀行スーパーローン

  • 新生ファイナンシャル(レイクの子会社)
  • オリックス銀行

ちなみに個人信用情報機関の申し込みに関する情報は半年、契約内容、返済状況は5年間残ります。言ってしまえば過去5年間で支払い延滞などのネガティブ情報があると審査でマイナスになります。

ただネガティブな情報があっても返済能力があると判断されたら審査に通ってしまうのもカードローンです。

「過去に延滞したことあるけど今なら大丈夫そう」、「希望の限度額より少ないがこれくらいまでなら貸すことが出来る」というように初めは少額の限度額で返済状況の様子を見て、問題なさそうなら増額というように段階を踏む場合もあります。

要するに過去にネガティブ情報があっても支払い実績を積んでいき審査基準を満たせば、過去に審査に落ちた会社でも社内ブラックになってなければ審査に通る可能性が出てくるということです。支払い能力を証明するということですね。

収入のない専業主婦の方の場合

「返済能力」が重要と申してきましたが、収入のない専業主婦の方の場合は少し違ってきます。

ご本人に収入のない専業主婦の方は消費者金融の場合、「配偶者と合算して借入れが2人分の年収の3分の1まで借入れを行うこと出来る」配偶者貸付を行ってる消費者金融以外からの借り入れは出来ません。

消費者金融大手のアコム、プロミス、アイフルなどは配偶者貸付を行っていませんので現実的とは言えません。となると借入先は銀行カードローンに絞られてきます。

収入のない専業主婦の方の場合、銀行カードローンに関しては配偶者の方に収入があるということが条件で申し込み可能です。ご本人に収入ないということで限度額は30~50万と制限されてしまいます。

ただ、旦那様の収入証明書が不要で借りれる銀行カードローンも多く内緒で借り入れすることも可能です。

3大メガバンクの2行の取り扱うカードローン、「みずほ銀行カードローン」、「三菱東京UFJ銀行バンクイック」はどちらも旦那様の収入証明書が不要で最大30万円まで借り入れ出来ますのでおススメです。

即日融資、即日審査を希望している場合

即日融資を希望している場合は、出来る限り申し込みは午前中のうちに済ませておくことが重要です。審査は早いところで最短30分~1時間です。審査スピードに関して銀行カードローンに比べ消費者金融の方が早いです。

ただ最近は銀行カードローンも審査と保証を消費者金融に委託してるので以前に比べ格段にスピードアップしました。以前は当日のスピード融資となると消費者金融一択でしたが即日審査・融資に対応する銀行カードローンも増えてきたので選択肢が広がりました。

特に銀行カードローンの中でも東京三菱UFJバンクイックは人気です。審査は上記でも挙げたとおりアコムとなります。口コミなどでも多いのが他社と比べると比較的審査が通りやすい傾向にあるようです。

またバンクイックカードの発行、受け取りも運転免許証があればテレビ窓口でその日のうちに手にすることが出来るのも人気の理由となっています。更に銀行カードローンでは珍しく土日の審査も対応してます。

会社が休みで在籍確認が出来ない場合は審査担当者次第で後日になってしまうこともありますが、土日も営業していて在籍確認が出来る職場にお勤めの方は借入先の第一候補として良いでしょう。