最短即日対応の総量規制対象外銀行カードローン

銀行系より審査は通りやすい消費者金融※総量規制対象

カードローン審査ガイド

総量規制外のカードローンのメリット

総量規制外のカードローンのメリットはなんといっても借り入れ額に関する制限がないということです。総量規制が適用されている消費者金融のカードローンでは最高借り入れ額が自分の年収の3分の1以下であるという決まりがあります。しかし総量規制外であれば審査をパスすることができれば自分が希望する額のお金を金融機関から借りることができます。総量規制外の金融機関は銀行です。そのためたくさんのお金を一度に借りることを望んでいる場合は銀行カードローンを利用するとよいでしょう。しかし高額なお金を借りることができるとあって、銀行カードローンの審査は消費者金融の審査に比べると多少厳しくなります。

カードローンと総量規制の関係とは

カードローンを選ぶ時は総量規制の状況を確かめて決める必要があり、他社からの借り入れの状況を確かめて申し込むことが大事です。総量規制対象の場合は年収の金額を確かめて判断することが重要で、申し込みをすると申込履歴が記録されるため信用情報に影響が出る可能性が高いです。
カードローンと総量規制の関係は今後の生活に多大な影響があるため、内容を確かめて今後の金銭計画を立てる必要があります。複数の借り入れがあり返済金額が高くなった場合はおまとめローンをする方法が望ましく、総量規制対象外のカードローンを選ぶ方法が最適で審査の時は信用状況を重視されるため滞納をせずに正しく使うことが求められます。

審査で調べられること

キャッシングを利用してお金を借りたいという方は、申し込み後に行われる審査に通る必要があります。そこで審査に通らないとキャッシングを利用することは出来ません。
審査では申し込みを行った方の勤務先での勤続年数や年収、他の業者からの借り入れがあるかということを基に返済能力があるかということを判断されます。また、この際過去の支払い状況も調べられることになります。どのようなことがあると審査に通りにくいかというと、その人が過去に長期間の支払いの延滞があった場合です。こうした情報があると審査に落ちやすくなってしまいます。

カードローンの申し込みをするには勤続年数は1年以上で

カードローンの審査で通るポイントとして、やはり重要な点は勤続年数だということが出来ます。当然長く勤めている方が信用度合いは高くなりますし、派遣やパートより社員の方が審査には通るということが出来ます。
カードローンに申し込みをする場合は、少なくとも勤続年数は1年以上経過してから申し込みをするようにしましょう。それ以下の場合は審査には通りませんし、実際に借りなくてもローンに申し込みをした記録は残ります。他社に申し込んだ記録も審査の際にはチェック項目となるので、あまり何度も申し込み審査に落ちている場合はどんどん印象が悪くなるだけです。

審査落ちの事例で最も多い他社での借り入れ

カードローンでの融資可否の基準は、複数あります。1つだけではありません。勤続年数などは見られる事になりますし、お住まいに住んでいる年数なども重視される事になりますね。そうかと思えば他の会社からの借り入れなども、かなり見られるのですが。
ところで人々の中には、そのローン商品でお断りになっているケースがしばしばあります。その理由として最も多いのは、他の会社から借り入れと言われています。つまり安定収入が無いので審査落ちになるというよりも、いわゆる借りすぎで審査落ちになっているケースが多いと言われています。
しかし中には例外の商品もあります。独自の基準で審査をしているような商品の場合は、他社では状況が見られない事もあるからです。

カードローンの利息の注意

カードローンの利息は多くの人が気になさるところだと思いますが、実はここで注意点があります。それは、カードローンの利息は一定値ではないということです。何パーセントから何パーセントというように幅があり、自分が借り入れをする時にどの程度の利息が適応されるのかわかりません。
ですから一番下の利息が安いから利息が必ず安いということではありません。結局は自分が借り入れをした時の利息が大切になりますから、その点についてはしっかりと知っておく必要があるでしょう。カードローンの利息を見る時には注意をしてください。

借り入れする前に
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © カードローン審査ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.